スタッフブログ|屋根リフォーム・雨漏り専門店北越瓦工業|新発田市・村上市・胎内市

MENU
屋根リフォーム&雨漏り専門店 北越瓦工業

お気軽にお問い合わせ下さい

0120-888-821

  • 受付時間 9:00~17:00(日・祝定休)

スタッフブログSTAFF BLOG

HOME / スタッフブログ / 【完全解説】屋根リフォームの費用と種類について【新発田市】【村上市】【胎内市】屋根リフォーム・修理・メンテナンス

【完全解説】屋根リフォームの費用と種類について【新発田市】【村上市】【胎内市】屋根リフォーム・修理・メンテナンス

2024.02.13 (Tue) 更新

新発田市・村上市・胎内市にお住まいの皆さん、こんにちは!

新発田市・村上市・胎内市の屋根リフォーム専門店 北越瓦工業新人スタッフKです!

新潟県 新発田市・村上市・胎内市を中心に、屋根リフォーム・雨漏り修理を行っています!

本日は「屋根リフォームの費用と種類というテーマでブログを更新します!

ぜひこの記事を読んでいただき、屋根リフォーム・雨漏り修理をご検討ください!

【新発田市】【村上市】【胎内市】密着の屋根リフォーム専門店 北越瓦工業無料屋根診断なら、診断・見積は完全無料です。お住いの健康維持のために、ぜひご活用ください。

 

 屋根は普段あまり気にかけない箇所なので今、どんな状態なのかほとんど把握できません。

「屋根がどんなじょうたいなんだろうか」「屋根の補修が必要だと費用はどのくらいかかるのだろうか」と相場などがよくわからず悩む方がほとんどだと思います。

業者から屋根の傷みを刺激しても費用の判断基準はよくわからないものです。

今回は屋根リフォームに関する情報を知らないために安易に業者や工事方法を決めてしまうことがないよう、屋根リフォームの種類、屋根材のごとの費用についてご紹介していきます!!

 

屋根リフォーム工事と費用(屋根全体工事)

 屋根全体をリフォームする代表的な工事「屋根塗装工事」「葺き替え工事」「屋根カバー工法」の3つ、工事の費用と特徴をご紹介していきます。

屋根塗装工事

 屋根材の痛みが少ない場合に用いられる工法です。

屋根を洗浄し、その屋根材に合った塗料を選び塗装する工事です。屋根材に合った塗装工事には塗料の種類により費用が変わってきます。

費用相場

 工事業者や塗料により異なります。

25万~

 塗料の主成分の違いにより塗装費用が変わるため、コストを抑えることができます。また、短期間(約2週間)で工事を行うことができます。

屋根塗料

 屋根の塗料は「アクリル」「ウレタン」「シリコン」「フッ素」「無機」の5種類に大きく分けられています。それぞれの塗料の特徴は大きく異なります。

アクリル塗料

 アクリル塗料は、アクリル樹脂を主成分とする塗料です。単価は1㎡あたり1500円前後と最も安価な塗料です。

耐用年数は5年~7年とその分短くなっています。

安価ではあるものの耐用年数が短くコストパフォーマンスが低いことから一般住宅の屋根の塗装にはほとんど利用されません。

ウレタン塗料

 ウレタン塗料はポリウレタンを使ったウレタン樹脂が主成分となっています。単価は1㎡あたり1500円~2200円ほどです。耐用年数は7年~10年と現在主流となっているシリコン塗料と比べると短くなっています。

安価ではありますが、紫外線による劣化に弱く、日当たりのよい屋根をウレタン塗料で塗装する場合は再塗装が必要になることがよくあります。

シリコン塗料

 シリコン塗料はシリコン樹脂が主成分となっている塗料です。単価は1㎡あたり2500円~3500円とウレタン塗料よりは高めです。一方で耐用年数は10年~15年となり、価格と耐用年数のバランスが優れた塗料として現在最もよく使われている塗料となります。

しかし、シリコン塗料はシリコンの成分量によって性能が大きく変わるため、なるべく大手メーカーの製品を選ぶと安心できます。

フッ素塗料

 フッ素塗料はフッ素樹脂を主成分とする塗料です。単価は1㎡あたり3500円~4500円となります。耐用年数は15年~20年となり、シリコン塗料よりも高い分だけ耐用年数も長くなります。

また、熱にも強いため、太陽光にさらされる屋根に使うことで性能を発揮します。このため一度塗装すると長期にわたって美観を維持することができます。

無機塗料

 無機塗料は鉱物やガラスなどが無機質を配合した塗料です。単価は1㎡あたり4500円~5000円と高価ですが、耐用年数は20年~25年と優れた耐候性を備えています。

無機塗料は、工事費用は高くなりますがそれを初期投資と割り切れる方や、塗装のメンテナンスをできるだけ少なくしたい方におすすめの塗料です。

 

屋根カバー工法

 屋根カバー工法とは、現在の屋根はそのままに新しい屋根を上から被せる工法です。葺き替え工事より出費を抑えて比較的大規模な修繕をを行うことができます。この工法ができる屋根材はストレート、金属屋根、アスファルトシングルなどです。

カバー工法とは?現在の屋根を新しい屋根で覆う二重屋根 | 南大阪ペイントセンター

費用相場

 費用は目安で業者によって変わります。

50万~150万程度

 

 屋根葺き替え工事と比べて既存の屋根を解体しないため解体費用及び廃材処理費が不要なため、費用を抑えることが可能です。また、短期間で工事を行うため職人の方の費用も抑えることができます。さらに屋根材が二重になるため、断熱性、遮音性も高まります。

屋根下に湿気が溜まることがないように換気口を付け、外気を取り込む必要があります。そのため、屋根リフォームカバー工法に加えて換気のための工事費用が発生する可能性があります。

 

カバー工法ができない屋根

 すべての屋根にカバー工法ができるわけではありません。

例えば経年劣化がひどく屋根下地が傷んでいる場合はカバー工事が行えません。

このように下地が傷んでいたり、屋根材によってはカバー工事が行えませんのでご説明していきます。

1⃣瓦屋根

セメント瓦屋根のメンテナンス | 千葉県柏市のリフォーム・増改築・新築ならLIXILリフォームショップライファ南柏へ

 カバー工法の条件の一つに屋根面がフラットな状態であることが挙げられます。

瓦屋根のように波立っている形状の屋根にはカバー工法は行えません。

そもそも、瓦屋根は重いので、荷重を付加するカバー工法は適していません。

2⃣古いトタン屋根

プロに伝授してもらいトタン屋根の塗装しました | トシ

 金属屋根にカバー工法を行うことは可能ですが、古いトタン屋根は屋根下地である野地板(のじいた)が傷んでいることが多く、屋根カバー工法を行いたくてもできなことがほとんどです。

3⃣劣化が進んだコロニアル

現場調査ーコロニアル屋根 | 山本塗装

 たとえ、コロニアルの屋根であっても屋根カバー工法ができない可能性もあります。

理由は先ほどの金属屋根と同じで、たとえば築40年が過ぎている場合は屋根カバー工法ができない可能性が高いです。また、雨漏りが発生している屋根も屋根下地が傷んでいることが多いため屋根がバー工法は避けた方がいいでしょう。

 

 適切な方法でカバー方法を行えば、場合によっては30年以上の耐久性が期待できます。すでにカバー工法が普及し始めて30年近く経過しています。現在のところ何も問題なく屋根としての機能か確立しています。

屋根カバー工法を行う場合は屋根材の種類や野地板の状態など条件がありますので、一度屋根の専門家に診ていただいてから工法を決めるといいでしょう。

 

屋根葺き替え工事

 葺き替え工事は現在使っている屋根材を取り外し、新しい屋根材を設置する工事です。

屋根材にはストレート、ガルバニウム鋼板、日本瓦などがあります。

費用相場は業者によって変わってきますので目安ですが、70万円~です。

葺き替えを行う場合、屋根だけでなくその下にある防水シートも交換するため、屋根材を長く保つことができます。軽く性能の優れた屋根材を選ぶことにより地震発生時の倒壊の可能性を減少させることが可能です。

しかし、屋根すべてを取り換えるため、費用としては一番高く、廃材処理費が発生します。

 

屋根材の種類

ストレート屋根

 ストレートは「コロニアル」や「カラーベスト」などとも呼ばれ、色やデザインが豊富で、かつ安価で施工が容易なため最近の新築住宅で最も多く使用されている屋根材です。耐用年数は15年~20年程です。

 一部の特殊なものを除いて比較的安価でカラーバリエーションやでゼインが豊富なため、洋風・和風を問わずどんな住宅にもマッチする。

 膜が劣化すると防水機能がなくなってしまうため、約10年ごとに塗装などのメンテナンスが必要になります。凍害に弱いため寒冷地にはあまり向きません。

 

ガルバニウム鋼板屋根

 アルミニウムの耐食性と亜鉛の防食機能によりサビを防ぎ、従来の亜鉛メッキ鋼板よりも耐久性を大幅に高めたもので近年では屋根材や外壁材として多く使われるようになりました。耐用年数は15年~20年です。

 耐久性や耐候性が高く、不燃材料なので防火性能に優れています。また、カラーバリエーションが豊富です。

 鋼板自体は薄いので断熱性が低く、断熱対策が必要です。防音性が低いため衝撃に弱く硬いものがあたると凹む可能性があります。

 

瓦屋根

 瓦は和風なイメージがありますが、現在ではストレート瓦のように色が豊富で比較的軽量でなものもあります。伝統的な日本瓦は耐久年数が他の屋根より群を抜いて長く、優れた防音性、遮断性を持つのが特徴です。耐用年数は30年~40年です。

 耐火性・断熱性・遮音性に優れており、部分的に破損しても一枚の交換で済むことがあります。屋根裏の熱がこもらないので夏は涼しく冬は暖かい。

 瓦によっては非常に高額な工事になる可能性があり、施工できる職人が少ない。下葺き材や漆喰の定期的な点検などがある程度必要になります。

 

ご自宅の形やライフスタイルに合った屋根材を

選ぶことをおすすめします!!

 

屋根リフォーム工事と費用(屋根部分工事)

漆喰補修工事

 漆喰とは瓦や石材の接着や目地の補給、壁の上塗りなどに使われる、水酸化カルシウム(消石灰)を主成分とした接着剤となる建材で日本瓦に使用します。

漆喰にヒビが入ったり、傷んだりすると接着剤として役目が果たせず瓦のズレが発生します。また、漆喰の剥離部分から雨水が入れば、雨漏りの原因となります。日本瓦自体の耐久性は50年~100年と言われていますが、漆喰は15年ごとの点検・補修が必要です。

 

 漆喰が劣化している場合、補修工事が必要になります。

漆喰の剥がれ、一部落下により瓦の固定性が弱まり、瓦のズレ・割れ・欠けが発生した時に補修工事が必要となります。

費用相場

 業者や種類によって費用は異なります。

30万~(足場代を含む)

 

瓦屋根補修工事

 瓦屋根補修工事とは傷んだ瓦を交換し、補修する工事です。

瓦にヒビ・ズレ・割れ・歪みのなどの劣化が原因で雨漏りが発生した場合瓦屋根補修を行います。

費用相場

30万円(10坪~30坪程度)

足場代は屋根の傾斜によって足場が不要な場合もあります。

 

コーキング補修工事

 コーキング補修工事とはゴムのような収縮性のあるパテで雨漏り箇所などを防ぐ工事です。ウレタン系とシリコン系などがあります。

 

 コーキングが切れている箇所や漆喰の劣化箇所を補修します。

外壁のコーキングについて 役割 劣化の原因 寿命 - 大阪市の雨漏り修理、屋根工事、防水工事なら【ホームメンテナンス匠】

修理相場

打ち替え

既存のシーリングをすべて撤去して新しいコーキングを補給する方法。

900~1500円/m(コーキング打ち替え箇所iかによって異なる)

打ち増し

既存のシーリングの上に新しいシーリングを足す方法。

500~1000円/m(コーキング打ち増し箇所によって異なる)

 

棟板金交換工事

 家屋でいうと主にストレート系の屋根を留めている金属部分のことを指します。

屋根と屋根の面が合わさる棟の接合部分を覆い雨水の侵入を防ぎ、屋根材を固定している金属が棟板金です。

 

 棟板金を固定している貫板の腐食や劣化のため棟板金が浮き上がったり、台風などで飛んで行ってしまっている場合、補修します。

台風や突風などの自然災害で損傷した場合、火災保険を使って修理することが可能です。業者に依頼する前に保険の適用範囲内の補修であるか保険証券を確認しましょう。

北越瓦工業では火災保険を使用するためにご協力致しますのでお気軽にご相談ください!!

費用相場

30万円~(足場代含む)

 

雨樋工事

 雨樋屋根同様、通常気に掛ける部分ではありませんが補修を怠るの家屋内部へ雨水が侵入する恐れがあります。雨樋工事には、足場代が必要になることがあります。足場代が雨樋本体費用より高くなることもあるため、雨樋工事と屋根工事を同時にすることをお勧めしています。

 

 雨樋に隙間やヒビがある場合、補修工事が必要となります。補修工事の遅れは、雨が軒や外壁を伝うことによって雨音が大きくなることにもつながります。

費用相場

3000円~/m(雨樋材料)

 

まとめ

 屋根リフォーム工事について工事種類と屋根材の費用についてお伝えしました。まず、屋根リフォーム工事を検討するときに屋根全体を補修する必要があるのか、部分工事で可能なのかを判断する必要があります。

そのためには現場調査をしっかり行い、工事範囲をきちんと説明できる施工業者を選ぶことが大切です。

費用だけで判断せずに今お住いのおうちに長く住み続けるためにメリット・デメリットを踏まえてリフォーム工事を選びましょう。

 

 令和6年4月1日から法改正により足場の価格が上がってしまいます。
屋根リフォームを検討している方、、今がチャンスです!!

お早めにご相談ください!!

最後までお読みいただきありがとうございます☺

最後にこちらをチェック!⇒北越瓦工業インスタグラム

【新発田市】【村上市】【胎内市】密着の屋根リフォーム専門店 北越瓦工業無料屋根診断なら、診断・見積は完全無料です。お住いの健康維持のために、ぜひご活用ください。

北越瓦工業新発田ショールームは新発田市やまやさん隣にあります。

ぜひ、北越瓦工業新発田ショールームへ遊びに来てください!(^^)!

【新発田市】【村上市】【胎内市】で屋根のリフォームならまずはフリーダイヤル

0120-888-821までお電話ください!

屋根工事のプロフェッショナル集団がお客さまのリフォームを計画からアフターフォローまでしっかりサポートいたします!

屋根リフォームならまずは

無料屋根診断

まで、お気軽にお電話ください!

新発田市・村上市・胎内市の屋根リフォームの累計施工実績9,500件の実績!!

信頼と実績を誇る北越瓦工業が、お客様のご自宅の屋根の状況を判断して、必要であれば最適な屋根リフォームをご提案させていただきます。

▽新発田市ショールームへ来店予約も行っています!!

来店予約はこちらから

~皆様からのお問い合わせお待ちしております^^~

∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵∵

【新発田市】【村上市】【胎内市】で屋根のリフォーム・板金・瓦・雨漏りなどでお困りなら

屋根リフォーム専門店

北越瓦工業まで

お気軽にお問い合わせください!!

フリーダイヤル 0120-888-821

電話受付/9時~17時   定休日/日曜・祝日

∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

北越瓦工業は新発田市・村上市・胎内市に地域密着!

屋根リフォーム工事・雨漏り修理をご希望の方は、ぜひ北越瓦工業へ!

新発田市・村上市・胎内市でWEB来店予約をご希望の方はコチラ

新発田市・村上市・胎内市で屋根工事の相談をご希望の方はコチラ

新発田市・村上市・胎内市で屋根工事の費用を知りたい方はコチラ


新発田市・村上市・胎内市の屋根リフォーム・雨漏りならお任せ

北越瓦工業株式会社

0120-888-821

[本社] 〒959-3425 新潟県村上市山田978-8
[新発田ショールーム] 〒957-0063 新潟県新発田市新栄町3丁目2-16

WEB・お電話からのご連絡をお待ちしております♪

ブログ監修

代表取締役社長

中原 正平SHOHEI NAKAHARA

お客様へのメッセージ
屋根リフォーム・雨漏り専門店北越瓦工業工業のホームページをご覧いただきまして、ありがとうございます。

代表の中原と申します。

北越瓦工業は創業40年以上、新発田市・村上市を中心に活動している屋根リフォーム専門店です。

ご自宅の屋根は普段お客様が見る事の出来ない箇所です。知らないうちに劣化が生じ、豪雨や強風、台風などによって急に雨漏りが発生する事態も頻発します。屋根カバー工法屋根葺き替えといった、屋根の工事を行うことでそうした緊急事態を未然に防げるだけでなく、ご自宅の耐久年数を向上させる効果もあります。

地域の皆様のお家を守る、それが北越瓦工業の使命です。
所有資格
瓦葺技能士1級、瓦工事技士

ご来店予約

診断無料

0120-888-821 受付時間 9:00~17:00(日・祝定休) お電話でのご依頼もお気軽にどうぞ

屋根工事のお役立ち情報

無料屋根診断 現金負担0円のリフォーム お客様の声

スタッフブログ

スタッフ・職人紹介